おしえてっ! 介護保険制度

そもそも介護保険制度って?

介護保険制度とは、簡単に言うと、「高齢者が介護や治療を必要とした際にかかる負担(費用・家族介助・福祉施設の利用費など)を、社会全体で支援するための保険制度」です。 行政による公的な介護保険は、40歳を超えた方は自動的に被保険者として加入することになります。
 また、40歳以上の方は介護保険料を毎月支払うこととなっており、この保険料は、介護保険サービスを運営していくための必要な財源になります。

おしえてっ!介護保険制度 講師

どんな人が対象になるんだろう?

第1号被保険者

65歳以上の方

  • 常に介護を必要とする状態の方
  • 常に介護が必要なわけではないが、日常生活において支援が必要な方

第2号被保険者

40歳以上65歳未満医療保険に加入されている

脳血管疾患や関節リウマチなど、16の疾病により要介護状態や要支援状態になった方

介護保険の利用手続き

各市町村の窓口(地域包括支援センターなど)に介護保険の申請(被保険者)

訪問調査と医師の意見書

訪問調査

市区町村等の調査員が自宅や施設等を訪問して、心身の状態を確認するための認定調査を行います。

医師の意見書

主治医意見書は市区町村が主治医に依頼をします。主治医がいない場合は、市区町村の指定医の診察が必要です。

※申請者の意見書作成料の自己負担はありません。

一次判定(全国一律のコンピュータ審査)

二次判定(介護認定審査会)

要支援・要介護認定

非該当
要支援1・2
要介護1~5
地域包括支援センターによる
介護予防サービス計画の作成
当事業所:虹の園による介護サービス計画の作成
介護予防プログラム
介護予防サービスの利用
介護サービスの利用